『電脳戦機バーチャロン』は電脳暦(VC)の地球圏を舞台に繰り広げられる一大叙事詩である
その複雑な事象の絡み合いによって結像する数々の物語は
限定された単一のメディアで語り尽くされるものではない
特にVCa0年に勃発したオペレーション・ムーンゲート(
OMG)以降の状況推移については
現在に至るまでまとまった形での情報公開が為されておらず
結果、様々な憶測が飛び交い、事態は混迷の一途を辿っている
だが、我々は待ち望み、ここに一つの契機が得られた
予告としての福音、因果という名の詩想
我々は、それを理解することによってのみ
自らの心中に自らの求める世界を構築する事ができる
我々は、真なる知識を我がものとする機会に恵まれたのだ
それは人類が生んだ真の英知、不可解にして崇高なるタングラム
今この時、我々は彼(彼女)に対して
敬愛に満ちた賛美と畏れにも似た嫌悪の念を抱きつつ
謳いあげることを求めて止まない



『バーチャロイド』の誕生
〜『オペレーション・ムーンゲート』への道〜


主権国家という枠組みが消失し、企業国家が台頭した電脳暦(VC)と呼ばれる時代。
自らの可能性の限界を知った人類は、限りある地球圏の中で肩寄せ合って生きていく以外に
もはや選択の余地がないという事実を、不可避の運命として受け入れていた。時代の趨勢の中、
物理的破壊力の衝突に依存する従来の戦争形態が互いを漬し合う無益なものとして放棄される一方で、
満たされない闘争への欲求を慰撫する玩弄物として『限定戦争』というシステムが導入された。
その特異なニーズに依拠する限定戦争の現場では、優秀なだけでなく、
戦闘時にビジュアルインパクトのある兵器がもてはやされ、
それはやがて高付加価値商品としての地位を市場に確立していく。
VC84年、企業国家の一つであるDN社は、既存の科学技術レベルを遥かに越えた
高度文明の遺産である『ムーンゲート』遺跡を月面にて発見した。
彼らは、競合勢力に対して絶対的優位を確保すべく、『ムーンゲート』発掘調査によって得られた
数々のオーバーテクノロジー(OT)の秘匿につとめた。
OTから導き出された成果の一つとして、巨大人型ロボット兵器『バーチャロイド(VR)』の実用化が挙げられる。
DN社が極秘裏に開発した第一世代型と呼ばれる『VR』の一群は、機動性を重視した汎用タイプである
MBV−04テムジンと、重装甲、重武装の支援タイプであるHBV−05ライデンという2機種を基幹モデルとして、
合計6機種が実用化、順次DN社直轄の軍事組織である『DNA』に配備された。『VR』が限定戦争
用兵器として有効であると確信したDN社は、これを商品として一般販売することを決定した。
大がかりな販売計画
V-プロジェクト』が発足し、販売キャンペーンはVCa0年に開始されることとなった、ところが、
VCa0年0時0分、それまで沈黙を守ってきた『ムーンゲート』が突如覚醒、『太陽砲』起動の危険性が示唆された。
これは、月面遺跡発見当初から地球圏に対し未曾有の危機をもたらすであろうと指摘されていたものである。
『太陽砲』の起動予告は、全人頬に対しネットワークを通じて唐突に告知され、
その存在をひた隠しにしてきたDN社は全世界的な非難を浴び、窮地に陥った。
危機的状況を回避するため、DN社最高幹部会は
『オペレーション・ムーンゲート』発動を決定、
『DNA』に対して『太陽砲』の起動阻止及び遺跡破壊の任を与えた。
『DNA』は多大な損害を被りつつも相応の活躍をし、結果的に作戦は成功と見なされた。
月の追跡は、その内郡に凝縮された高エネルギーを一気に放出したものの、
『太陽砲』そのものは起動しなかったからである。月の遺跡は多くの謎を残し
たまま再び眠りに就いた。しかし、その後の地球圏は新たな混迷の時代を迎えることになる。


0プラント

プラント・エリア解説

アファームド・シリーズ

ライデン

フェイ−イェン・ザ・ナイト

ボック・シリーズ

10/80sp

ドルドレイ

エンジェラン

サイファー

バル・シリーズ

スペシネフ

テムジン

タングラム

ブラットス





HOME