image


背景画像をご利用になるには、サムネイルをクリックして
拡大画像を右クリックして指示に従って下さい。
スライドの開始はダウンロードが終るまで待って下さい。
.
pi
.
pi
.
pi
.
pi
.
pi
.
pi
.
pi
.
pi
.
pi
.
pi

2011年9月25日撮影
img
地域は裁判所 img 検察庁 img 拘置所淡路文化資料館用地等になっている 明治時代以降 img 山頂付近北斜面は公園地として洲本町へ払い下げられ img 山麓の 計画都市として造成されている img この状態が明治五年 img 千八百七十二年の廃藩置県まで続いた お城の呼称をせずお居館と呼ばせた城下町は洲本川 img 千草川の地形を利用し本格的に 移転作業は寛永十二年迄続いた山上の城郭は使用せず山麓に居館石垣を設けて城砦としたが 事を理由に前年幕府に申請して承認され洲本の地に城地を移転するようになった 寛永八年 img 千六百三十一年 img 由良は淡路の東南隅にあり土地も狭小で城下の経営も出来ない 蜂須賀氏は池田氏の跡を継ぎ由良成田城を拠点とした 元和元年 img 千六百十五年 img 大阪陣の功により阿波国主蜂須賀至鎮に淡路一国を加増したが 忠雄は由良成田城を修築し洲本城を廃城とした 慶長十六年 img 千六百十年 img 姫路城の池田輝政に淡路を領知せしめ輝政は三男忠男の拝知とした 城であったそこでこの城を永年腹心の藤堂高虎に預け普請を中断放置せしめた 関ヶ原戦後の家康にとっては洲本城は不必要な城となったむしろ廃城にすべき また水軍の戦闘指揮処としての本格的築城整備の行われた時代である 仙石 img 脇坂時代の洲本城は大阪城を衛り秀吉が西南方へ進出する拠点の城として 慶長十四年年 img 千六百九年 img 伊予大洲五万三千石に移封 慶長五年 img 千六百年 img 関ヶ原戦では東軍へ寝返り家康方で参戦 img 壬申倭乱 天正十八年 img 千五百九十年 img 小田原攻め 文禄元年 img 千五百九十二年 img 朝鮮の役 img 壬申倭乱 その間安治は水軍の将として以下のとおり従軍しているimg 天正十五年 img 千五百八十七年 img 九州攻め 洲本城の本格的修築始まる現在の遺構は殆どが脇坂氏在城中に修築したものである 十一月 img 脇坂甚内安治こと img 中務少輔洲本城主となる 六月十八日 img 洲本城より出陣福良渡海img 仙石秀久は讃岐で奮戦戦後高松城主となる 天正十三年 img 千五百八十五年秀吉の四国攻め始まる弟秀長養子秀次で戦闘指揮 八月 img 仙石権兵衛秀久洲本城主となり四国攻めの準備で洲本城を修築水軍を強化し始 る 六月山崎の合戦に向う秀吉は部将の仙石權兵衛img 石井与次兵衛を洲本に差向け洲本城を奪還させる 淡路土着の水軍の将菅平右工門に洲本城を占領させる 天正十年 img 千五百八十二年四国の長曽我部氏畿内進出を計り 安宅氏時代の洲本城は土塁と空堀により砦を守る中世山城なので織田軍の鉄砲隊には対抗出来なかった 安宅清康開城して信長を安土に訪れ帰国後病死淡路安宅氏滅亡 天正九年十一月img 千五百八十一年 織田信長の命により羽柴秀吉淡路を征討 安宅信康 img 清康 img 洲本由良城を守る 永禄七年 img 千五百六十四年 img 安宅冬康河内飯盛城で兄長慶に暗殺される 永禄三年img 千五百六十年 img 三好四兄弟第二回洲本会談天下制圧の打合わせ 天文二十三年img 千五百五十四年img 三好四兄弟長慶 img 義賢 img 冬康 img 一存 img 洲本会談 天文五年img 千五百三十六年img 阿波国守守三好元長の三男冬康img 淡路安宅氏の養子となる 制御の要として洲本城を築城し始める 永正年間千五百年代初頭由良炬口に進出して来た紀州熊野水軍の安宅一族が大阪湾 洲本城は img 約五百年の歴史がありimg 城に関連した史実を年代順に見ると次のようになる 広さは二十七万八千四百五十九平方メ1トル 境域 img 三熊山の山頂付近北斜面及び北部山麓一帯に分布する城郭遺構地域で 史跡img 洲本城について