.txt

 

1/20(日)更新

StepManiaをプレイする上での設定についてのちょっとした何か
主にゲーム中では設定できない(メモ帳等でしか変更できない)ものをgdgdながら解説していきます。
どうでもいいものが多いですが・・・;;;
変更する場合はバックアップを取り、必ず起動前に設定して下さい。

 

メイン設定編

変更データ:Data/StepMania.ini

Songsの場所

画面のアスペクト比(3.95以上)とサイズ

・画面のアスペクト比

・画面のサイズ

ロング・マラソン曲の基準時間

 

 

SongOption設定編

変更データ:Themes/◯◯◯◯(テーマフォルダ)/metrics.ini

未作成

 

 

DWI譜面作成編

変更データ:Songs/譜面フォルダ(DDR1stMixとか)/楽曲フォルダ/◯◯◯◯.sm

mp3 oggの読み込みNew

画像データの読み込み

 

 

Songsの場所


AdditionalSongFolders=『Songs』フォルダがあるパス(場所)


譜面データのメインフォルダ『Songs』があるパスが割り当てられています。

起動時はこの場所から読み込まれます。

普段、パソコンを触れる人はWindowsならショートカット、Macならエイリアス(またはDock)が作れるので。

これを変更する必要は無いようですね。





AdditionalSongFolders=/Desktop/StepMania/Songs




インストール時等のときはパスが書かれていません。

起動時は『Songs』のフォルダの場所をStepManiaのプログラムファイルに近いところから

自動的に検索して読み込みます。



上へ↑




画面のアスペクト比(3.95以上)とサイズ


------------(3.9の人はサイズの方まで飛ばして下さい)---------------

画面のアスペクト比



DisplayAspectRatio=アスペクト比


『DisplayAspectRatio』は縦横比です。


比率は標準設定で1.333333(3:4の横長)





DisplayAspectRatio=1.333333


これを変更してもプレイに支障はありませんが・・・



1.333333以下に設定した場合



上下に要らないスペースが出来てしまいます。



クリアすると



背景が一部分しか黒くならず、上下のバーが端までいかなくなります。



逆に1.333333以上に設定した場合



今度は左右に要らないスペースが出来てしまいます。



クリアすると



左右の星が端までいかなくなります。


ニコニコ動画やYoutubeで普通のプレイ動画をうpしたいときは設定しないようにしましょう;;;;


上へ↑

--------------------------------------------------------------------


画面のサイズ



DisplayHeight=縦サイズ

DisplayWidth=横サイズ


『DisplayHeight』『DisplayWidth』は画面のサイズです。

数値を変えることで画面のサイズを変更できます。

アスペクト比があっていれば、設定したサイズに合わせてしっかりフィットします。





横640pixel x 縦480pixelにしたいとき


DisplayHeight=480

DisplayWidth=640



縦長にも出来ますが、プレイしにくくなりますのでおススメしません。



上へ↑







ロング・マラソン曲の基準時間


LongVerSeconds=時間(秒単位)

MarathonVerSeconds=時間(秒単位)


長い曲を選択したときにロングかマラソンかそうでないかを判断する基準時間です。


標準は『LongVerSeconds』(ロング曲)が150.000000(2分半)、

『MarathonVerSeconds』(マラソン曲)が300.000000(5分)になります。





5分以降をロング、10分以降をマラソンにしたいとき


LongVerSeconds=300.000000

MarathonVerSeconds=600.000000



どの曲もロング、マラソンにしたくないときはただ単純に値を増やせばいいだけです。





上へ↑







mp3・oggの読み込み


#MUSIC:楽曲ファイル(mp3・ogg・wav形式)


これを読み込むことによって譜面がプレイできます。

リロード時にファイル名が記入されていないときは、

楽曲フォルダから楽曲データを探し、読み込みます。


また、この項目は楽曲データを相対パスを使って読み込ませることが出来るので、

全く同じ曲が使われている譜面等の容量の削減に役立ちます。




#MUSIC:../foonmix PLUS/max_150/max_150.mp3;


バナーやCDタイトル、背景画像も相対パスが使え、

この方法を使えば、「foonmixをインストールしていることが必要」など条件付けて、

.sm形式の譜面データのみで公開・配布することが出来ると思います。





上へ↑







画像の読み込み


未作成…