老いで感じる身体

年を重ねる事で、身体の不調が増加したり、自由が利かなくなってしまったり、若かった頃のように行動が出来なくなってきます。又、病気などで身体に自由が利かなくなり、寝たきりになってしまい介護を必要とすることもあるでしょう!介護する人、介護される人それぞれお互いの理解が必要です。

高齢者(老人)とは?!

高齢者とは、一般に65歳以上の者。65〜74歳を前期高齢者(ヤング-オールド)、75歳以上を後期高齢者(オールド-オールド)と呼ぶ。その他「高年齢者、老人、年寄(お年寄り)」などに代替して言う場合もある。

参考にさせていただいた介護用品に関連サイト
介護と言う労わりの心

介護は長期戦!介護はいつ終わるかわかりません。頑張り過ぎて、ストレスが溜まると介護者が介護される側(被介護者)に難しい事をつい言ってしまったり、表情に出たりと、介護される側と介護する側との関係を悪くしてしまう事になります。また、頑張り過ぎた介護をされると、介護される側もいろいろと気兼ねしてします。こんな状態が続けば、介護は長続きせずスタミナぎれになります。介護はマイペースが一番です。長期戦ですから息抜きをし、毎日を笑顔で介護する事が大切です。失ったものを取り戻そうとするのではなく、新しい関係・新しい形の幸せを築いていけたら介護がきっと楽になるはずです。(

介護用紙おむつとは?!

介護用の紙おむつは、自力で排便に行くことの出来ない人や排便がある事に気付かない人が使用するおむつで、大人用のものです。介護用の紙おむつには、履くタイプ、テープで止めるタイプ、フラットタイプ、尿取りタイプ、リハビリパンツなどがあります。(引用:介護マーケットの介護用品アイテムより)

  • パンツタイプ
  • テープ止めタイプ
  • パッドタイプ
  • フラットタイプ
  • おむつカバー
介護衣料、介護肌着とは?!

介護衣料は、簡単に着替えが出来、通気性の良く、診察も、検温も楽にできる便利な肌着です。1、ボタンをかける手間を全面解消できる肌着(ワンタッチ肌着)。2、着やすく、脱ぎやすい着脱が楽々な肌着(マジックテープ式)。3、汗をすばやく吸収する肌着(綿素材の肌着)。4、保湿性にもすぐれている肌着。5、敏感肌にも安心の肌に優しい肌着(化繊の肌着よりも綿素材を)。6、軽く、柔軟性、ゆったりした肌着。ご老人、病気、ケガの方に、介護が必要な方の介護衣料は、楽な姿勢で着脱でき、介護する方の負担の少ない肌着は介護にはピッタリです。

  • ワンタッチ肌着(マジックテープ式)
  • アメリカンホック式肌着

上記アイテムについての詳細は、引用『介護マーケット』を参考にしてみてください。

海外旅行するなら、いざというときの 旅行保険に加入するのも大切です。ホテル予約や航空券も、予約できるいろ んなサイトを紹介する「海外トラベル.com」をお気に入りに。