■美容室コンサルティングについて

1)コンサルティング内容

(1)経営戦略の立案
 当方が提供させていただくコンサルティングサービスは、調査の段階から、店舗の管理者、スタッフ様と共に行い、戦略を立案して参ります。特殊な計算(多変量解析等)以外、すべてのノウハウを公開し、自ら軌道修正ができる能力を習得していただきます。従いまして、コンサルティング終了後も、店舗独自で、ある程度の店舗の改善が行われ、業績の維持・向上に寄与しております。

(2)各種調査業務
 立地調査(競合店バランス、人口動態、店舗前通行量)、店舗前通行者アンケート、店舗内アンケート、従業員モラルサーベイ等
 必要に応じ調査を組み合わせ、最適な戦略の立案情報を収集いたします。


(3)業界情報の提供
 守秘義務に関わること以外のレアな業界情報を提供。店舗の運営に役立たせていただきます。


(4)ファッション情報の提供
 本来のフィールドであるファッション業界の動向(トレンド変遷や今後のトレンド予測)の提供を行い、ヘアスタイル提案等の基礎資料を提案いたします。

(5)各種販売促進策の支援
 チラシ配布〜ポスティング、さらには、オリジナルのガウン作成まで、独自の販売促進策を提案、支援しております。

(6)店舗デザイン・設計・施工支援
 提携一級建築士により、店舗のリニューアル、新店舗開店等の支援を行います



2)コンサルティングの主旨

 「これまで多くのお客様に来店頂いたが、最近、勢いがなくて」
 「周辺には住宅がたくさん出来上がり、顧客が増えそうなものだが、客数はあまり変わらない」
 「周辺に安売り競合店が急増し、売上高が下がってきた」
 「店舗が古くなったので新たに改装し直したいが、どのような店にしたらよいのか分からない」
 「売上高はいいと思うが、ただ、リピーターが意外と少ないので不安」
 「顧客アンケートをしても悪い結果ではない。しかし売上高が伸びない」

 以上のようなお悩みをお持ちではないでしょうか?そこで、私ども分析してみると、実は原因がほぼ同じであることが良くあります。
 商圏内のお客様や、従来から来て頂いているお客様の「今の気持ち」に、充分満足いただけるサービス・販促等が行われていないのです。
 周辺顧客の性格・性質は、経営者様の気がつかない間に変化しています。
 「事業コンセプトの再構築」を行わなければならない状態になっているのです。

 我々のコンサルティングでは、経験則や、小さなポイントの指摘等で売上高向上支援をしている他のコンサルティング企業とは異なり、根本的に問題点の抽出を行い、徹底的に「数値」で分析いたします。(決して難しい計算ではありませんが)
お客様の気持ちや行動といったものも数値で表すようにしておりますので、販促等の立案と軌道修正が正確に出来ます。
また、バックボーンに「ファッションに関する知識・データ」があります。
様々な方面から、お客様の「美しくなりたい」気持ちに答える用意が整っております。


★美容室業界について (平成18年10月2日)

現在、美容室、理容室は全国に20万店舗あるといわれています。コンビニが約4万店舗といわれていますので、如何に店舗数が多いか分かります。これほどの店舗数ですので、競合が激しいのは当然であり、何も対策を講じなければ、どんどん業績は悪くなります。
それは、確実です。下記のグラフを見ていただければ、一目瞭然です。




現在の若者は、手に職をつけたいという思考が特に強くなっております。(私が教えているファッションの専門学校生の友人の話を聞くと約1/3が美容師志向でした)
1店舗あたりの従業員は、増加傾向にあり、減少した客数をカバーできず、従業員を養えない店舗がさらに続出してきます。

対策としては、常にお客様(新規・固定客ともに)に情報を提供し、鮮度の高い美容室となることです。
言葉での情報提供、カット技術での情報提供、サービスでの情報提供、店舗の雰囲気での情報提供です。
では、どうのような客層に情報発信をすればよいのでしょうか。
それを決め、ターゲットを明確にすることが生き残りの最低条件であると考えられます。
低価格主義の店舗も競合の末、同じことが必要になってくると思われます。