海釣りについて

海釣りは日本のいたるところで行うことができる、もっとも入門しやすい釣りの一つと言えます。
なぜ入門しやすいのかというと、安い道具で始められる上、淡水より魚の絶対数が多いので無釣果が少ないからです。
また、淡水と比べて食べられる魚が多く、沢山釣れれば家族にも喜ばれること請け合いです。
ここでは、リール竿での釣りをしたことがある人なら比較的簡単にでき、かつ魚もよく釣れる「投げサビキ釣り」について説明します。
この仕掛けの良い所は、まず練習すれば50m近く飛ばすことができるので広範囲を攻めることができることです。
そのほかに狙う水深が調節できること、タックルが安いこと、市販で全てセットになった仕掛けが売っていることです。

投げサビキ釣りの主なターゲット
・アジ
・イワシ
・サバ

「投げサビキ釣り」をするために必要なもの
・投げ竿:2・7m以上(できれば3・6m以上を推奨。)、オモリ負荷は12号もあればいいです。
・スピニングリール:糸巻量が4号150mと書いてある糸が付属しているものがいいでしょう。なければ3号150mでもOKです。
・投げサビキセット:「飛ばしサビキしかけ」等、いろいろな種類があります。浮き、サビキ、その他の小物がセットになっています。
            但し、上記のセットにはサビキ、浮き止めゴム、オモリが各1つしか付属してません。下記の物も買うといいです。
・サビキ仕掛けセット:ソデ針6号、針数6本の3セット入りがいいでしょう。
・浮き止めゴム:4号(3号)糸用のものがいいでしょう。2〜4号用と4〜6号用があるときは4〜6号用を買いましょう。
・オモリ:浮きに書いてある数字−2を4個程度。浮きに8号と書いてあれば6号が適切です。(網かごが付いている時のみ)
・網かご:投げサビキセットに付属していない時に買います。網製の中サイズをサビキの最上部の接続具(サルカン)につけて使う。
・エサ:基本的に針にはエサをつけませんが、オキアミを切ってつけてもいいです。網かごに入れるアミエビは1・6kgが適切です。
・クーラー:魚を食べたいなら必需品です。前日ペットボトルに水を入れ凍らせておき、使います。他に魚を入れる袋も用意します。
仕掛けの付け方に関しては投げサビキセットの裏面に書いてあるとおりにしてください。

「投げサビキ釣り」のテクニック
投げサビキ釣りではあまり細かいことは気にしなくていいですが、一応テクニックを書いておきます。
浮き釣りでは浮きが沈んだ時に合わせないと魚がかかりません。波で沈んだ場合と魚により沈んだ場合があるので注意しましょう。
投げることに関しては、仕掛けを絡ませないように投げることが必要です。
水深ですが、浮きが”普通の状態”と”寝ころんでいる”を繰り返しているときは、海底に仕掛けが着いてしまっていて、いけません。
仕掛けは絡みがないか常に確認しましょう。水深の変え方は、浮き止めゴムを浮きに近づけると浅く、遠ざけると深くなります。
エサは、アミエビが入り口に詰まって出にくくなっていないかを確認しましょう。

こんなところです。海釣りは始めやすく奥が深いので、皆さんもやってみてはいかがでしょうか?