スイスのその他の街

スイスの街は湖畔に面した街が多いです。1ページ設けることはできなかったその他の街を紹介します。

2016/10/30

チューリッヒ

チューリッヒはスイス最大の都市で、名前は聞いたころがある人が多いでしょう。チューリッヒ保険で知っているのかもしれませんが。やはりチューリッヒ湖のほとり(北西端)にあります。移動の途中ちょっと寄りました。

チューリッヒ湖はチューリッヒ市から南東に向かって延びる細長い三日月形の湖です。

私は旅では各地でそこの高台に行って街を眺めるの好きです。

ここでは高台にあったチューリッヒ大学のテラスから眺めました。


ルツェルン

スイス中央に位置するルツェルンは、 フィアヴァルトシュテッテ湖(ルツェルン湖)とピラトゥス山リギ山に囲まれたスイス有数の観光都市です。チューリッヒとインターラーケンを結ぶ幹線上にあり、ロイス川が流れる町中は見どころも多いですが、時間がなくあまり見れませんでした。

それでもルツェルン最大の見所、カペル橋は外せません。

橋の天井部分には、ルツェルンとスイスの歴史やルツェルンの守護聖人にまつわる伝説などを描いた絵が架けられています。1993年8月の火災により、橋の大部分が焼失しましたたが、1994年4月に再建されました。

フィアヴァルトシュテッテ湖(ルツェルン湖)です。

ここでも高台からの眺めます。ムゼック市壁という城壁のようなものがあって、そこの見晴台から撮ったものです。


ベルン

ベルンは、スイス連邦の首都ですが、チューリッヒ、ジュネーヴ、バーゼルに次ぐ4番目の規模の都市です。ベルンの語源は伝承によればであるとされ、熊が市の紋章にもなっています。ドイツ語圏に属します。

写真は街のシンボル、ベルン大聖堂です。

1191年、街はツェーリンゲン大公のベルトルト5世によってアーレ川沿いに創設され、市名の由来である熊は、公爵が殺した熊に因んで名づけられたとされます。

この街は湖畔にはありませんが、アーレ川という川は流れています。写真はそのアーレ川と旧市街です。

旧市街は「ベルン旧市街」の名でユネスコの世界文化遺産に登録されています。


スイスの目次へ

ヨーロッパの目次へ