カンクン


2012年8月18日から26日で、休暇をとって家族でメキシコ カンクンに行ってきました。

実は20数年前、家内とアメリカ留学からの帰国旅行として、中米を廻った際立ち寄っています。ただその時はひどい貧乏旅行で宿はセントロ(ダウンタウン)の安宿に泊まり、バスで30分程かけて、ホテル地区のビーチに泳ぎにくるといったことをしていました。当時は勝手にホテルのロビーを通過してビーチに出ることができ、ちょっとしたホテルの施設も利用することもできましたが、何となく惨めだったことは否めません。でもビーチはとにかく素晴らしいかった。

その時いつか将来、我々もこんなホテルに宿泊して、この素晴らしいビーチを堪能するぞと誓ったのです。いわば今回はちょっとしたリベンジということですね。

今回は家族も増えて、あの時とは比較にならないほどリッチになって帰ってきました。期間中ずっと滞在したホテルはフィエスタ・アメリカーナ・コンデッサ・カンクンです。オール・インクルーシブで本当にリッチな気分満喫です。アクティヴィティやオプショナル・ツアーもいろいろ挑戦、参加して、とても楽しんできました。

尚、現在は殆どのホテルがオール・インクルーシブになっているため、滞在者は目印の腕輪をしています。そのため昔のように部外者が入ってくることはできなくなっています。

飛行機はアメリカン航空を使いました。ダラスでトランジットして、その先はカンクン直行ですが、飛行時間だけで13時間半(成田、ダラスが11時間、ダラス、カンクン間が2時間半)の長旅。我が家を出てから、カンクンのホテルまでのドア・トゥ・ドアだと実に24時間近くかかりました。勿論エコノミーなので非常に疲れたことは言うまでもありません。


  1. ビーチ  (フルサイズライブラリ版
    この美しいビーチをもう一度見るために、遥々ここまでやって来たのです。
     

     
  2. ホテル  (フルサイズライブラリ版
    宿泊ホテルはフィエスタ・アメリカーナ・コンデッサ・カンクンです。規模的には決して大きな方ではなく、特に豪華という訳でもありませんが、オール・インクルーシブで十分リッチな気分が味わえます。
     

     
  3. ドルフィン・スイム (フルサイズライブラリ版
    子供向けのアクティヴィティかと思ったら、大人も十分楽しめます。
     

     
  4. パラセーリング (フルサイズライブラリ版
    家族で一緒に乗れるので、家族連れには非常にお勧めです。


     
  5. マヤ遺跡 チチェン・イツァ (フルサイズライブラリ版
    カンクンに来たら是非行きたいところです。マヤ遺跡では一番メジャーですね。


     
  6. グラン・セノーテ (フルサイズライブラリ版
    水中洞窟セノーテもユカタン半島の見所のひとつです。


     
  7. ココビーチ(プラヤ・ノルテ) (フルサイズライブラリ版
    イスラ・ムヘーレス島にある非常に美しいビーチです。カンクンビーチとはまた違った魅力があるので是非訪れたいですね。