パソコン自作奮闘記

    1996年4月に初めて自分のパソコンを持ち、それから1年半で自作に挑戦してから、 これまでずっと自宅のデスクトップパソコンは自作をしてきました。その奮闘記を綴っています。 古い記述も多いですが、これからパソコンの自作に挑戦してみようという方にはきっと参考になると思います。 この20年間のパソコン技術の進歩、アーキテクチャの変遷も見どころです。
    因みに他の私のページ同様、新しい順に並んでいますが、どちらかと言うと時系列に読んで頂いた方がいいと思います。

    Core-i5自作(2017)

    10年ぶりの自作に挑戦です。ストレージの変化に注目。
    Core-i5自作(2017)

    実に10年ぶりの自作です。さすがに10年経つといろいろ変わってますね。 バイクと旅行ばかりでご無沙汰していたパソコン技術に久しぶりにどっぷり使った日々でした。

    Core2Duo自作(2007)

    6年ぶりの自作です。初のマルチコアCPUでの自作となります。
    Core2Duo自作(2007)

    2001年まで毎年続けていた自作もここでぱったり。それから6年たっての久々の自作です。パソコンのアキテクチャーはかなり変わってきました。

    Athlon自作(2001)

    2001年、2年ぶりの自分用の自作です。益々AMDのCPUが面白くなってきました。
    Athlon自作(2001)

    2001年、自作は既に5年連続5回目ですが、自分用としては2年ぶり。そしてK6-2以来3年ぶりのAMD CPUであるAthlonXPでの自作を行いました。AMDもしっかり進化しています。

    Celeron自作(1999&2000)

    1999年、2000年と続けてIntel Celeronで自作をしました。エントリーモデルが面白くなってきた頃です。
    Celeron自作(1999&2000)

    1999年と2000年、続けてIntel Celeronで自作をしました。2000年は友人用に作ったものですが、なぜかとても苦労しました。廉価版CPUですが自作は侮れません。

    K6-2自作(1998)

    1998年、K6-2で二度目の自作にトライ。過去の記述の流用で手を抜てすみませんが、現在視点の考察も加えています。
    K2-2自作(1998)

    初自作の翌年早速二度目の自作に挑戦です。今度はあえてAMDのCPU K6-2を選びました。AMDも頑張りますね。

    PentiumII初自作(1997)

    私の記念すべき初自作です。パソコンが多くの人にとって身近になってきた頃ですね。
    PentiumII初自作(1997)

    パソコンを本格的に触り始めて、わずか1年半でIntel PentiumIIでの自作に挑戦です。 今とは異なる当時のパソコン事情などが読み応えがあるかもしれません。


    コンピュータのトップページへもどる