ブートとハードディスク
HOME  □ MANUAL  □ 新着記事  □ 新規投稿  □ ツリー表示  □ 記事全文表示  □ SEARCH  □ 過去ログ
[675]  「マスターブートレコードの解析」大変参考になりました
□投稿者/ TAKA -(2004/09/27(Mon) 10:55:04)
□U R L/
    はじめまして、TAKAと申します。
    先日、Fedora Core2を使ってLinuxをWindowsXPマシンにインストールしたところ、マルチブートに失敗し、Windows自体が起動しなくなり大変困っていました。
    取りあえず、Windowsだけを復旧したいと思い、こちらのページに辿り着きました。
    色々と細かく説明されており、大変参考になりました。
    fixmbrやfixbootを実行しても解決せず、「マスターブートレコードの解析」を参考に調べたところ、パーティションの開始と終了CHSアドレスが壊れていることが分かりました。
    dskprobeを使って修正した結果、無事にWindowsXPが起動するようになりました。
    Linuxとのマルチブートは再度トライしたいと思います。
    他にも色々と勉強させて頂きたいと思います。本当にありがとうございました。m(_ _)m

記事引用 編集キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
親記事 返信無し
 
上記関連ツリー

MESSAGE 「マスターブートレコードの解析」大変参.. /TAKA (04/09/27(Mon) 10:55) [675]

ALL MESSAGE 上記ツリーを一括表示
 
上記の記事へ返信


- Child Tree -