ブートとハードディスク
HOME  □ MANUAL  □ 新着記事  □ 新規投稿  □ ツリー表示  □ 記事全文表示  □ SEARCH  □ 過去ログ
[665]  USBフラッシュメモリの起動
□投稿者/ takepon256 -(2004/06/17(Thu) 13:10:13)
□U R L/
    すみません、連続スペースが一個のスペースになってしまいました。
    出荷状態では以下の状態でした。

    ----
    Cylinders =7, HeadsPerCylinder =255, SectorsPerHead =63 ,BytesPerSector =512, MediaType=11
    TrackSize = 32256, CylinderSize = 8225280, DiskSize = 57576960 (54MB)

    Signature = 0x00000000, StartingOffset =16384, PartitionLength =65257472, StartingSector =32, PartitionNumber=1

    MBR:
    Starting
    Cylinder =0, Head =1, Sector =1
    Ending
    Cylinder =248, Head =15, Sector =32
    System ID =0x06
    Relative Sector =32
    Total Sectors =127456
    ----
    出荷状態、FDISK後のディスク容量は以下のとおりでした。
     出荷状態ディスク容量:65,257,472バイト
     FDISK後ディスク容量:57,576,960バイト

    とりあえず、試行錯誤の末なんとか容量を確保することに成功しました。
    Intel製BIOSはMBRのCHS情報ではなく、ハードウェア情報を元にブートセクタの位置を割り出していたようです。
    つまり、ブートセクタを63セクタの位置から読み出そうとしていました。

    したがって、セクタ数が63になるようにパーティションテーブルを手動で設定したのちにフォーマットすると、Flonix for USBのイメージファイルを書き込むことができました。

     C=252、H=8、S=63、LBA=127008

    この設定で以下のようになりました。
    出荷状態から比べて400kByteのロスですんでいます。
     ディスク容量:64,882,688バイト

    また、この状態からシリンダ数を増やしても容量は増えませんでした。
     C=260、H=8、S=63、LBA=131040
     ディスク容量:64,882,688バイト

    手動でもFDISKまがいのことはできるものなのですね。
    どうも、お騒がせしました。

解決済み!
記事引用 編集キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
<<USBフラッシュメモリの起動 /takepon256 返信無し
 
上記関連ツリー

MESSAGE USBフラッシュメモリの起動 /takepon256 (04/06/14(Mon) 10:42) [662]
......MESSAGE Re[1]: USBフラッシュメモリの起動 /takepon256 (04/06/17(Thu) 13:10) [665] 解決済み!

ALL MESSAGE 上記ツリーを一括表示
 
上記の記事へ返信


- Child Tree -