九州歯科大学長崎県同窓会

Report

平成24年度 西九州地区連合会 総会・学会・懇親会

平成24年9月15日(土)長崎市元船町・サンプリエールにて、平成24年度九州歯科大学同窓会・西九州地区連合会総会、学会ならびに懇親会を開催しました。

総会

総会には、本部から、松延彰友会長(大15)、豊永壽博専務理事(大22)、立和名靖彦常務理事(大32)、佐賀県、熊本県の両同窓会から理事の方々にご出席いただきました。

学会

学会は4時から始まり、講師に川崎市開業の須貝昭弘先生(大30)、北九州市開業の上野道生先生(大24)をお招きして、それぞれ1時間少々と短い時間ではありましたが、内容の濃い、有意義なお話をしていただきました。

須貝先生には『子供たちを健全な永久歯列に導く』と題して、8020を実現する健全な歯列は、その元をたどると健全な乳歯列に始まり、その育成のためにはどうしなければならないか、我々一般歯科医が何ができるのか、何をしなければいけないのか、というお話をしていただきました。

上野先生には『ホームドクターとして、炎症と力のコントロールを目指して』と題して、「口腔は力との戦い」について、炎症をコントロールするための強力なブレーンであるスタッフ育成についてお話していただきました。

懇親会

懇親会は6時半より、高尾長崎県同窓会会長、松延彰友本部会長の挨拶のあと、南幸夫長崎県同窓会顧問の乾杯で始まりました。 校歌斉唱、エールの際には佐賀県同窓会の服部信一副会長(大26)の飛び入りエールも披露していただき、盛会のうちにお開きとなりました。

総会・学会・懇親会の写真はアルバムにまとめてありますのであわせてご覧下さい。

※ その他の写真はアルバムにまとめてあります。

ホームご挨拶レポートリンク