『クトゥルフと帝國』 キャンペーン覚書

 

1話 「空はあなたが思っているよりも広い」

第2話 「ホーンテッド・マンション」

第3話 「闇のアトリエ」

第4話 「お台場大捜査線〜蛇教団を追え〜」

第5話 「謎のピアノマン」

第6 ソルジャー・アカデミー

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

 

1話 「空はあなたが思っているよりも広い」

 

【プロット】

 

1921年 霞ヶ浦海軍飛行場開場式

陸軍の依頼で新聞記者として潜入

F5飛行艇の試験飛行中、奇妙な発行物体を空中に確認する

搭載機関銃の射撃 光に包まれる 誰も覚えていないまま着水

 

ミューティレーションされた犬の死体

 

墜落現場のクレーター

 

帝都に帰る

 

高桑少佐の訪問 田中パイロットの急死を知る

死体は膨らんで鱗に覆われた姿となり手足は骨がなくなって流動体のようになっている

水死と断定

葬式の帰り道の公用車、停止 道路上の怪物 星の精

(探索者拉致される 記憶なし)

座席取り違え現象 

 

車に同乗していた兵士3名が行方不明

 

陸軍技官東は発光体を写していた。

上映会直前 謎の電話「はなすなはなすなはなすなはなすな」

確かに写っていた発光体 その中にあるのは黒い触手

同乗していた兵士がゾンビとなって襲撃 東技官の発狂

 

海軍省にて 探索者を身柄拘束し クレーターと原子爆弾との関連を急ぐ高桑少佐と甘粕大尉

甘粕大尉の催眠誘導尋問 情報交換 

(拉致された探索者の記憶の表出 光の中の手術台 ビヤーキーと星の精 青い地球)

技術部は墜落現場からホルマリン漬けの星の精を捕獲していた

探索者の手首に刻まれた謎のサイン

 

い号作戦 ミステリーサークルを書き 発光体を呼ぶ

上手くいけば原爆クラスの物理エネルギーを入手できる

高桑少佐もまた同じ拉致境遇だった(WW1のフランス上空で)

 

霞ヶ浦 作戦開始 ビヤーキーとの遭遇 発光体に包まれる

「さあっこのときを待っていた 連れて行ってくれ 地球の外へ!!」

高桑少佐肉体の滅失 憲兵部隊の全滅 探索者と甘粕大尉だけ助かる

 

【人物】

 

私立探偵 桧前 春佳(ひのくま・はるよし)

探索者 浅草に事務所を構える

甘粕大尉の命により霞ヶ浦の飛行艇を調査行動中、謎の発光体を撃墜

その後超常存在に付きまとわれ、右手に「ハスターの印」を刻み込まれる

 

海軍技術部少佐 高桑 実(たかくわ・みのる)

F5飛行艇の開発責任者 航空技術開発の重鎮

第一次世界大戦に観戦武官の命を受け渡仏。

フランドル上空で従軍中WHO FIGHTERに遭遇。

陸軍憲兵隊に協力要請をとる形で「地球外のもの」と再度接触を試みるが、肉体粉砕。

 

陸軍憲兵大尉 甘粕 正彦(あまかす・まさひこ)

探索者に海軍飛行場の偵察を依頼 仮名「青空凌雲」

その後、探索者が遭遇した怪事件に超常の存在を嗅ぎ当てる。

高桑に協力して超エネルギーを入手しようと「イ号作戦」を立案する

しかしハスターの圧倒的な力に失敗、逃走。

 

陸軍憲兵少尉 東 治彦(ひがし・はるひこ)

甘粕の部下。密偵活動に不慣れな桧前の補佐役

霞ヶ浦上空で発光体の撮影に成功する

桧前探偵事務所での上映会でゾンビに襲われ、発狂。

 

海軍航空兵少尉 田中 孝造(たなか・こうぞう)

F5飛行艇のテストパイロット 茶目っ気のある性格

発光体目撃後、霞ヶ浦飛行場近郊でハスターに襲われ死亡。海軍公表は水死とされる。

 

海軍兵士 安藤 光信 一等兵曹 (あんどう・みつのぶ)

       大島 善二 二等兵曹 (おおしま・ぜんじ)

       吉田 仁  上等兵   (よしだ・ひとし)

田中少尉直属の整備兵。安藤は東北訛りで朴訥、大島は関西弁が強く利にさとい、吉田は食いしん坊。

田中の葬式に参列後、帰路で探索者桧前と共に星の精に遭遇。桧前と分かれた後襲撃されて死亡。

超常存在によりゾンビとして賦活。浅草の桧前探偵事務所を襲撃するよう指令を受け、火事を起こす。

火災に巻き込まれ3体とも焼却処分。

 

権蔵(ごんぞう)

桧前探偵事務所の雑用兼世話係 江戸時代を経験している江戸っ子

桧前を子供の頃より面倒見ている