弾薬庫

07.日本はこれ以上韓国への譲歩が必要か?

戦勝国の人間でも ないのに「戦犯国」なる言葉を使って、日本の「道義的責任」を追求する韓国人が居ます。果たして日本は、日韓の相互理解のために、この「道義的責任」を どう考えているのでしょうか?

 

その前に、世界の常識から。

戦争において、勝った国が「正義」であり、負けた国が「悪」です。これが世界の常識です。つまり、韓国だけで使われる「戦犯国」なる言葉は、もし国際的に使われるようなら単に「敗戦国」程度の意味合いしか ありません。

また、義務がない事項に対して国家間で賠償が行われる事は、通常ありません。また道義的責任に関しても、正義である戦勝国が悪の敗戦国に対して謝罪する事は、通常ありません。これが世界の常識です。不満そうな韓国人がいたら、戦勝国が道義的責任から、敗戦国に公式に謝罪を行った例を教えてもらってください(笑)。

そして当然ですが、朝鮮式「普遍的道徳」「普遍的善悪」は、朝鮮以外の世界(当然 朝鮮以外のアジア含む)には通用しません。同様に、日本人にも朝鮮の常識は全く通用しません。

 

次に、日韓関係の基本事項。

そもそも韓国は戦勝国では ありません。よって、賃金の不払い等を除き、そもそも日本は韓国に対して賠償する必要は ありません。しかも、1965年に締結された日韓基本条約により、日韓は「両国及びその国民の財産並びに両国及びその国民の間の請求権に関する問題」について、「完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認」しています。

つまり法的には、日本が韓国に謝罪や賠償をする義務は、全くありません。ここまでが前提です。

 

さて本題。日本は韓国に対する「道義的責任」を果たし、日韓の相互理解を進めるために、どんな努力をしてきたのでしょうか?

これが日本側の「相互理解のための努力」であり、道義的責任に対する「誠意」です。

  • 朝鮮半島に残してきた莫大な資産の放棄。義務ではなく誠意。
  • 韓国への独立祝い金。義務ではなく誠意。
  • 半世紀に渡る韓国への経済協力。義務ではなく誠意。
  • 20回以上にも渡る、公式な謝罪と反省の言葉。当然 義務ではなく、誠意。

参考:韓国人と対話するためのリンク集, 韓国人向け情報

このように、日本は、国際的に行う義務がなく、また通常 道義的にも行われる事が ない第三国に対する謝罪と補償を、韓国に対して行うことで、誠意を持って その「道義的責任」を果たしてきました。

 

そして、日本側の誠意に対する韓国の解答が、この誇らしい朝鮮式「相互理解のための努力」だそうです(笑)。

  • 竹島の強奪。日本漁民を虐殺。ICJ?無視だってよ(笑)。
  • 日韓基本条約を40年に渡って隠蔽。
  • 朝鮮戦争で日本に侵入した在日韓国人の放置。奴等は日本で犯罪し放題です(笑)。
  • 半世紀以上に渡る反日教育。根拠は嘘と捏造(笑)。
  • 情報統制により、日本側の謝罪を隠蔽。はぁ?謝罪が足りないって?
  • それどころか、日本の一部政治家の右翼的な発言を強調して報道。日本は右翼の国だって?
  • 日本の歴史教科書内容に口出し。内政干渉だろ?
  • 靖国参拝に口出し。戦犯?お前は交戦国でも戦勝国でもないだろ?
  • 全世界において日本を貶める行動の数々。
  • 今でも「金が足りない」「賠償しろ」だって?

 

<丶`Д´> 日本は相互理解の努力が足りないnida!

( ゜д゜)y─┛~~ それで、日本との相互理解のために、韓国は どんな努力をしてきたの?

<丶`Д´> 戦犯国が うるさいの!日本は相互理解の努力が足りないの!

(♯゜д゜) はぁ?なめてんのか?相手だけに一方的に譲歩を求めて、それが「相互理解への努力」だって?

 

これが朝鮮の常識です(笑)。

果たして日本が、これ以上韓国に謝罪を続ける必要がありますか?

 

韓国人からもし謝罪を求められたら、このような日本側の努力を示し、それに対してこの半世紀、韓国は日韓の相互理解の為に一体何をしてきたのかを聞いてみましょう(笑)。

 

last updated: Nov. 28, 2006