弾薬庫

01.一番基本的な事

韓国人の性質とは?

日韓の対話で最も重要なのは、「日本人と韓国人は全く違う」という事実を互いに認識する事です。

韓国人は、日本人の常識から考えれば荒唐無稽とも思えるほど、理不尽で不思議な主張を展開します。そしてその主張の根拠は「全時間軸で、全世界人類に普遍的に通用する、絶対的な善悪判断(価値観)=普遍的価値観」および 「全世界人類に普遍的に通用する、絶対的な真実=普遍的真実」です。

日本人なら少し考えれば分かりますが、「普遍的価値観」なるものは実際には存在しませんし、「普遍的真実」はその辺にたくさん転がっている物ではありません。しかし一般的に、韓国人の主張の根拠の大部分(というよりほぼ全て)は、このような妄想です。

また通常、韓国人は絶望的なほど、「客観視」が苦手です。韓国人が「客観視」を求めるのは相手に対してだけであり、それはつまり「俺の主張を受け入れろ」という意味になります。日本人だけが韓国人の主観に従う義務は、当然ながら全くありません。

そして、韓国人の主張をまとめると「uriは悪くないnida!(私は悪くないです!)」に集約されます。

 

これが韓国人と対話する為の必須条件!

韓国人は一般的に、このような妄想と主観、そして責任転嫁100%で、日本人に迫って来ます。韓国人と対話する際は、朝鮮の常識は朝鮮以外では全く通用しない事、そして日本人が韓国人の主観に従う義務が全く無い事を、必ず宣言しましょう!これは必須条件です!

外国人である韓国人と対話する時は、国際的ルールや国際情勢を判断基準に話をするのが公正でしょう。それでも彼らは韓国の主観を押しつけて来るでしょうが、そんなものはあっさりと切り捨てましょう!

 

last updated: Nov. 28, 2006