なぎさや・歌川模型店

平成14年9月14日


吉祥寺ロマン・目次

吉祥寺駅・北口中央
その上に見えるのは京王・井の頭線・吉祥寺駅舎
その上に見えるのはユザワヤ



吉祥寺駅を背にしてサンロードを見る。
前方にお神輿が行く。
左手のチェリーナードを行くと、すぐ右手に「須田味噌店」、左手の「とらや金子店」の手前を駅に向かって入ると、「なぎさや」が見えてくる。


「なぎさや」はうまい海産物・漬物店である。
終戦後直ぐの「ヤミ市」から始まっている。
ここはシャケの味が中央線随一だと思う。
私は、いま極辛のシャケを専門に買っている。
今日は、メヒカリと目刺しも買った。

 

 


この通りには古くから続いている色々な店が多い。
「なぎさや」 も昔から比べると店の作りが奇麗になり、照明も明るくなっている。

 


チェリーナードの「とらや金子店」の先を右に駅に向かって曲がると、直ぐ右側に「歌川模型」の看板が目に入る。若い男性がショウインドウに見入っている。

画像をクリックすると拡大します。

ご主人はお元気だろうか、早速中に入って奥の右側を覗くと、元気なご主人の顔を見ることができた。
昭和25年(1950年)、35歳の時に店に出られたそうである。それから「歌川模型」は、もう52年も経っている。
私もここに何度も足を運んだことがあり、 色々と昔話をして、往時を懐かしんだ。

画像をクリックすると拡大します。

ご主人の座っている場所の反対側には、お元気な奥さんの顔も見えた。
昔の「歌川模型」は子供たちが何時も一杯になっていたことを思い出した。
何しろ、工作の材料を探すところはここしかなかった時代であったし、簡単に手に入らない色々な品物が沢山あった。
新しいものも先ずここにあった。
画像をクリックすると拡大します。

伊勢丹を背にして駅の方を見る。
FFビルの入り口である。
お神輿の合間にある、イベントを待っている人たちで、入り口付近は一杯になっている。
FFビルは駅前を整理して広場を造るために武蔵野市と伊勢丹で作ったもので、「ヤミ市」の中の商店が沢山入った。今もある商店はとても少ない。

商店街の人たちは年に一度の「吉祥寺秋祭り」に力を入れている。
FFビルの入り口の前で、一休みしているお神輿を撮ることが出来た。

FFビル入り口から元町通りを見る。
先方には吉祥寺通りを越えて「東急デパート」がある。
目の前には、2台の神輿が休んでいる。
イベントが始まる前の一時である。
曇ってはいるが雨の心配はなさそうである。


吉祥寺ロマン・目次

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 
Copyrhit(c)2002-2006.All rights reserved