Essay - 倉敷通信(くらしきの話)- 進藤和丸

原文は茶色です。編集中の文章は赤色です。編集終了後の文章は緑色です。

 

編 集 テ ー ブ ル

タイトル
  倉 敷 通 信
              Mon, 28 Apr 2003 から
                          進 藤 和 丸

倉敷通信(くらしきの話その13)    2003年04月28日15時51分

4月もおしまいになります。今月は、19日に岡山・鳥取の県境にある新庄村へ,12日
は県北の津山市にある鶴山公園、さらに5日は京都の丸山公園と4月の毎土曜日は、
花見へと出かけました。それで、「サクラ」について多少纏めて書こうと意気込んで
みたのですが、中々と面倒なのでとりあえず簡単にメール通信といったところです。
パソコンのワードには「サクラ」「住まい」「白峰の北岳」などが書きかけのままあ
りますが、いつかは送ることが出来るでしょう。

サクラ
 4月もおしまいになります。今月は、5日には京都の丸山公園、12日には県北の津山市にある鶴山公園、さらに19日には岡山・鳥取の県境にある新庄村へと、土曜日毎に花見へ出かけました。

○ 新庄村の凱旋桜
 岡山県の北方にある村で、倉敷から約120キロあります、出雲街道の宿場町で、
江戸時代はかなり栄えたところのようです。付近の勝山町には第2次大戦中、作家
「谷崎潤一郎」が疎開しておりそこに、「永井荷風」が東京を焼け出されて訪ね、ご
馳走にあづかるといった話もあります。
 「凱旋桜」は旧街道に沿って、日露戦争に勝ったお祝いにサクラを植樹したのが最
初だと案内にあります。

 新庄村の凱旋桜
 岡山県の北方にある村で、倉敷から約120キロの距離にあります、出雲街道の宿場町で、江戸時代はかなり栄えたところのようです。付近の勝山町には第2次大戦中、作家「谷崎潤一郎」が疎開しておりそこに、「永井荷風」が東京を焼け出されて訪ね、ご馳走にあづかるといった話もあります。
「凱旋桜」は旧街道に沿って、日露戦争に勝ったお祝いにサクラを植樹したのが最初だと案内にあります。


○ 鶴山公園のサクラ
 岡山県で、サクラの名所といえばこことは聞いていたのですが距離が遠く始めて出
かけました。噂に違わず5000本のサクラが咲いているさまは、絢爛豪華でした。
 写真を送ります。

 鶴山公園のサクラ
 岡山県で、サクラの名所といえばこことは聞いていたのですが、距離が遠く始めて出かけました。噂に違わず5000本のサクラが咲いているさまは、絢爛豪華でした。


 最初の2枚は自宅の「ボタン・花ズオウ」です、これからはムクゲ・サツキ・ハナ
ミズキなどですが暑くなると花もおしまいになります、今日(4月28日)は、夏の雰
囲気です。あとの2枚は新庄村の凱旋桜・鶴山公園です。

 今日(4月28日)は、夏の雰囲気です。自宅にはボタンと花ズオウが咲いています。これからはムクゲ・サツキ・ハナミズキなどが咲き出します。そして暑くなると庭の花もおしまいになります。