Essay - 倉敷通信(くらしきの話)- 進藤和丸

原文は茶色です。編集中の文章は赤色です。編集終了後の文章は緑色です。

 

編 集 テ ー ブ ル

タイトル
  倉 敷 通 信
              Fri, 28 Feb 2003 から
                          進 藤 和 丸
倉敷通信(くらしきの話その11)    2003年02月28日 15時10分

 血糖値400・ヘモグロビンA1C9.8この数次を見て意味が分からない人は、
幸せです。一昨日、病院に行き、主治医(長男ですが)の指示で検査をし、その結果
が示されました。長男は嬉しそうに先週土曜日(私の誕生会)の中華料理を「最後の
晩餐」だと脅され、孫にもこのことを伝えたらしくミカンを食べようとしたら、脚を
切らねばならなくなるから駄目と云われる始末です。

 血糖値400、ヘモグロビンA1C9.8、この数字を見て意味が分からない人は、
幸せです。一昨日、病院に行き主治医(私の長男です)の指示で検査をし、その結果
が示されました。長男には嬉しそうに先週土曜日(私の誕生会)の中華料理を「最後の
晩餐」だと脅され、孫にもこのことを伝えたらしくミカンを食べようとしたら、脚を
切らねばならなくなるから駄目、 と云われる始末です。


 先月の末.上京してから若干風邪気味で。寝付くほどのこともなかったのですが、
診察の結果は肺炎を起こしていたようです。おまけに上記の数字は、堂々たる糖尿病
の証明書です。というわけで、で2月は半病人で過ごしてしまいました。

 先月の末に上京してからは若干風邪気味で、寝付くほどのこともなかったのですが
診察の結果は肺炎を起こしていたようです。おまけに上記の数字は堂々たる糖尿病
の証明です。というわけで2月は半病人で過ごしてしまいました。


 しかし、正月から今日(2月28日)までの2ヶ月で、京都に2回・広島1回・東京3
泊四日・大山に雪を見にと、身体が悪いのにしては良く動いています。本日は、2月
もお終いの日です天候も春を感じさせる、散策日和です。午前中は、吉備を歩いて来
ました、夜は「N響メンバー弦楽アンサンブルによる室内楽の夕べ」を聞きに行き、
病気を吹き飛ばすつもりです。

 しかし、正月から今日(2月28日)までの2ヶ月で、京都に2回、広島に1回、東京
に三泊四日、大山に雪を見に、と身体が悪いのにしては良く動いています。本日は、
2月もお終いの日で、天候も春を感じさせる散策日和です。午前中は、吉備を歩いて来
ました。夜は「N響メンバー弦楽アンサンブルによる室内楽の夕べ」を聞きに行き、
病気を吹き飛ばすつもりです。

 写真を送ります。最初は、雪の大山寺です、ふと思いつきで出かけたので準備が
なく、スキー場までは行かずに退散しました。2番目は、京都・北野天満宮の梅で
す、時間が遅くて良い写真がありません。京都への観光客が、繰り出す最初です。
3番目が倉敷に在る、大原邸の一部です。奥さんの為に昭和の始めに創ったのだそう
ですが、1年程度しか住まなかったそうで 、80年程空きやのままになっていま
す。ただし、昭和天皇が来倉した時は宿舎にあてたそうです。4番目は、現在の大原
邸です。ここは、建築後100年は経過していますが、当主は不便を我慢して住んで
います。

 旅の写真です。最初は雪の大山寺です。ふと思いついて出かけたので準備がなく、
スキー場までは行かずに退散しました。2番目は、京都・北野天満宮の梅です。時間
が遅くて良い写真が撮れませんでした。京都への観光客が最初に繰り出すところです。
3番目が倉敷に在る大原邸の一部です。奥さんの為に昭和の始めに造ったのだそう
ですが、1年程度しか住まなかったようで80年程空き屋のままになっています。
ただし、昭和天皇が来倉した時は宿舎にあてたそうです。4番目は、現在の大原
邸です。ここは建築後100年程経過していますが、当主は不便を我慢して住んで
います。