Essay - 倉敷通信(くらしきの話)- 進藤和丸

原文は茶色です。編集中の文章は赤色です。編集終了後の文章は緑色です。

 

編 集 テ ー ブ ル

タイトル
  倉 敷 通 信
               Fri, 18 Oct 2002 から
                          進 藤 和 丸
倉敷通信(くらしきの話その9)    2002年10月18日 21時56分

 10月14日「鬼ノ城(キノジョウ)」に行って来ました。場所は倉敷の北にある「総社市」にあります。この街は3〜5世紀の古墳文化が栄えたところで、いはゆる「吉備文化」発祥の地です。

 10月14日「鬼ノ城(キノジョウ)」に行って来ました。場所は倉敷の北にある「総社市」にあります。この街は3〜5世紀の古墳文化が栄えたところで、いはゆる「吉備文化」発祥の地です。
 案内図(クリックすると拡大)です。草色で囲っ区域が城壁を廻らした範囲です。標高約400mで吉備高原の最南端に位置します。


 案内図を送りましたが、拡大しないと見えません。草色で囲っ区域が城壁が廻らした範囲です。標高約400mで吉備高原の最南端に位置します。すり鉢を伏せたような形の山で斜面は急峻だが頂上部は平坦です。この山の8合目〜9合目にかけて、城壁が2.8キロにわたって巡っていたそうで、その一部分が復元されています。

 すり鉢を伏せたような形の山で斜面は急峻だが頂上部は平坦です。この山の8合目〜9合目にかけて、城壁が2.8キロにわたって巡っていたそうで、その一部分が復元されています。

 吉備平野を望んだところで、島のように見える場所が古墳です。国分寺のある処を見ました。

 吉備平野を望んだところです。島のように見える場所が古墳です。国分寺のある処を見ました。

 復元中の門です。同行した家内の写真です。大きさの見当がつきますので。

 復元中の門です。同行した家内の写真です。大きさの見当がつきますので。

 復元中の城壁に沿った道です。これは、掘り出した石を使用しています。
 昭和61年3月25日、国指定史跡です。
 およそ1300年ほど前、大和政権により国土防衛のために築かれた古代山城とする説が有力です。伝説はこれと違いますが。いわゆる「温羅伝承」で地名もこれに由来しています。

 復元中の城壁に沿った道です。これは、掘り出した石を使用しています。
 昭和61年3月25日、国指定史跡です。およそ1300年ほど前、大和政権により国土防衛のために築かれた古代山城とする説が有力です。伝説はこれと違いますが。いわゆる「温羅伝承」で地名もこれに由来しています。