キャラクター紹介 夢見桜

さくら
CV:柳あすみ様

本編の主人公役。
かえでと仲が良かったが、彼女が村柾と付き合い始めたことによって居場所も話し相手も失った。
孤独を初めて知り…居場所を失う恐怖を心の底から感じる。
それは友を想う優しさくること。
自我を突き通さず、友の心を大切にする心優しい人物であることが窺える。






夢若丸
CV:織音

夢見桜の側に居続ける好青年。
容姿は色白で美しい。長く垂れた白髪の髪には桜の花びらが…。
笛を嗜み、夢見桜の上で吹いているところをみかけることができている。
村のことをよく熟知していて、何でも知っている。
自分のことをあまり話したがらず、隠すため、謎が多い。






かえで
CV:アロマ様

さくらの親友。
村柾とは小さい頃から一緒で、憧れていたこともあり、告白し付き合うことに。
親友と恋愛と秤にかけるとつい、恋愛を取ってしまっている。
輝ける今が大切だと思っている。
さくらを引っ張っていくアクティブな存在である。






浅井 村柾
CV:ラプラス様

村長の息子。
顔立ちも整っていて美男子であるが、頭の中ではずる賢いことばかりを考えている。
さくらもかえでも好きであるのだが、まずはかえでから攻略していこうと目論んでいる。
独占欲と支配欲が強く、二人を自分のものという意識が強い。
村長の息子のため、欲しい物は手に入り、苦労という苦労をしたことがない。
   迷信や伝説などは全く信じず、バカにしている。






浅井 和政
CV:東雲様

町長衆で村の長の一人。大きな屋敷を構え、この町の政治を担う者。
息子の村柾には甘くするところがある。
息子の幸せが自分の幸せと感じている。







大工
CV:みかげ響様

浅井家に仕えるお抱え大工。
   代々浅井家に仕えてきたため、命令は何でも聞くといった主従の関係。
浅井家当主の和政だけではなく、村柾の命令も聞いている。
命令が全てで余計な事を考えたり、自分で考えたりしようとしたりはしない。







CV:dolphyn様

祭好きの男。
   火の見櫓に立ち、村の火事をいち早く知らせる役割。






桜花
CV:みぞら様

さくらの娘。
本編より数年以上…経っていることが窺える。
さくらに似て心優しい性格に加え、まだ幼いため好奇心が旺盛。
桜の花が大好きで桜の季節は髪に桜の花を挿して飾る。