はじめに


どこから夢なのか、どこまで夢なのか


 シリーズ第7弾企画。完全オリジナルのボイスドラマストーリー。
原作、もとになるものというのがなく、ボイスドラマのためだけに作られた作品です。
あっさりめにサクサクと物語は流れていきます。


咲き誇る桜美しき大きな村のどこかに夢見し桜という桜の樹が存在した。
桜の樹が眠りつくことによって平和と安泰がもたらされる不思議な世界。
桜が見ている夢なのか…夢見し桜の夢はいつ始まり、いつ終わるのか誰も知らない…。そんな世界。

さくらと一番仲が良かった親友でもあるかえでは親友を置き去りにして恋に燃える乙女。
親友とも気軽に話すことができなくなり、村長の息子といえども、男友達であった村柾とも関係は崩れていく。
恋愛は時に友情をも壊し、孤独へと陥れる。
時には孤独へと向きあわないといけない。仲の良い友を恋愛によって失う孤独というものを感じて頂きたい。


きっと人は一度は恋というものをするでしょう。
どこかにあなたをずっと見守ってくれている優しい人がいます。あなたを支えてくれる人がいます。

何も見えなくなった時は永き時を過ごしてきた桜の樹に触れてみてください。きっと力を与えてくれます。

見所は、あまり詳しくは描かれていないのですが、成長していくさくらや夢見し桜。夢若丸は何者かに注目です。
登場人物が少ないので、一人ひとり注目して聴いて頂けるといいかも♪