はじめに


人は異形の者を受け入れることはできぬのか



 完全オリジナルのボイスドラマストーリー。

原作、もとになるものというのがなく、ボイスドラマのためだけに作られた作品です。
世界観の割には内容として短過ぎる、言わば薄いものと感じられる方が多くおられるようです。


どこまでも続く果てしない創り出された世界、幻夢想界。
人々の感情がそのまま反映され、形になるという不思議な世界。
妖怪や鬼、神様など様々なものが存在します。

神々が宿り、一見、神々がたてつく者を抹殺するかのような印象も与えてしまうかもしれません…。
ですが、忘れてはいけません。我々にだって意志はあります。神々の人形なんかではありません。
例え神に導かれたとしても、それに頼りきることはなく、自分の意志を通すことも時には大切です。

人はどうしても自分と違うものに対して敵意を持ったり、忌み嫌ったりと受け入れるということはなかなかできません。
ですが、人は外見で判断してはいけないと思います。付き合っていくと意外な一面を見ることもでき、思ったより素晴らしい相手かもしれません。

本編で登場する神官様のように誰しも寛大に受け入れるようになってみてはどうでしょぅか?(それは無茶な注文)

見所は可愛い子達が沢山登場することかとwww
義賊の竜牙にも注目ですね♪