<戻る>つばめの部屋へ


駅弁

小倉駅弁ーかしわ飯
購入ー2005年11月12日駅弁フェア

小倉駅弁のかしわ飯
折尾のかしわ飯とあんまりかわりない
感じはするが味はすこし薄味。
ただしょうゆ味が折尾より
強い感じがするのは
好みの問題であろうか。
富山駅弁ーますのすし
購入ー2005年11月12日駅弁フェア

明治時代からの駅弁だそうで駅弁というより
富山名物となっているようだ。
丸い竹容器の中で富山産コシヒカリ使用の酢めしの
上にピンク色のますを敷き詰めて、
笹の葉でくるんでフタでしっかり押した押し寿司。

まさに味は絶品でなんともいいようのないうまさ
先人の知恵を感じる笹の葉のつつみといい
富山の歴史と文化を感じる一品である。

ただ付属のナイフをつかわないと
箸だけでは食べにくい。
仙台駅弁ー炭火焼き牛たん弁当
購入ー2005年11月12日駅弁フェア

仙台といえば牛タンというイメージが強い
そうしたニーズに答えている仙台駅名物
牛タン弁当。しかしながらBSE騒動による
米国産牛輸入停止により牛タンの確保が困難になったため
オーストラリアオージービーフに変更されていた。
発熱材入りの丸い容器をボール紙のパッケージで包み
中身は麦飯の上に牛たん焼が
5〜6枚載るだけのシンプルなもの。

味としてはオージービーフ変更後も 変化しておらず
仙台の味としての牛タンの威厳をまもっている。
鳥栖駅弁 焼売弁当
購入−2005年11月19日かもめ車内


鳥栖といえばホームのうどんというイメージもあるが
そのうどんも販売している中央軒の駅弁
鳥栖焼売はすでに鳥栖の名物になりつつあり
その焼売にかしわめしをあわせた
とてもボリュームがある駅弁です。
スーパーシートプレミアム機内食
2006年3月2日 ANA664便長崎→東京羽田

初の機内食です。
中身はといいますと
ANAシェフ坂本正夫 総料理長プロデュースで
大村寿司、海老姿煮、焼蒲鉾、鰆の西京焼、
出し巻き玉子、がんも、桜大根漬け、胡瓜漬け、
カステラ、果物にキウイとリンゴとオレンジ!
なんと暖かいおみそ汁まで付いていました。\(^o^)/
とてもおいしゅうございました。
鉄道とは違い上空で、移り変わる景色を流れながらの
食事はまだ格別の物です。
鳥栖駅弁 焼売
購入−2006年3月31日鳥栖駅


鳥栖駅名物焼売の復刻番だそうです。
造竹皮に包まれた15個の焼麦は
なかなかジューシーです。
パックの焼売は日持ちしますがこちらは
1日しか持ちませんので、購入してつまみに
するか、車窓をながめながらぱくぱく食べるかになります。
ソニック車内販売 ソニック弁当
購入ー2006年5月2日


特急ソニック車内で販売されている
お弁当です。
以前はじゃこめしと、大分、博多のおかずが入って
いましたが、今回はかしわめしへ変更されていました。

おかずはあっさりした薄味ですが
素材の味をいかしたおいしさでつい癖になる一品です。
かもめ車内販売 かもめ弁当
購入ー2007年1月14日


かもめ弁当を購入しました。
おいしい九州。おいしい長崎、おいしいかもめ。
と表紙をワクワクさせる文字が(6 ̄  ̄)!

かもめ弁当は海をイメージ!
貝柱やあさりなどをふんだんに使った
海鮮めんたいご飯がメインの弁当で
量も少し控え目な感じです。

海鮮めんたいごはんがなんともいえない味です。
おかずは卵焼き、ぶりの照り焼き、
わさび漬け、唐揚げなどが入っております
これで850円です。結構おいしいですよ。
なんといいますか、このエビいりのめんたい御飯
一度おためしあれ・・きっと癖になりますよ!
長崎駅購入販売 さよならあかつき弁当
購入ー2008年3月13日

すでに無くなってしまいました。特急あかつき。
廃止になるまでのあいだ、さよならあかつき弁当が
長崎駅で発売されていました。
定価は1000円でいずや弁当から発売され、
長崎駅で14日まで販売されておりました。

中身はそぼろ御飯!それがロゴマークのようにしかれており、
大変おいしゅうございました。

おかずはシャケ、えびちり、角煮、そして煮物とあっさり風。
あっさりと仕上がっていたこちらの弁当は
20時過ぎにいただくには
ちょうどよい感じでした。

まさにあかつきで食べて、
胃もたれもしないように考えられていたのかもしれません。
寝台特急あかつき。その姿はもう長崎にはありません。
いつも定位置に止まっていた客車。
そして牽引していた機関車もなく
その光景も当たり前になりつつ・・

<戻る>つばめの部屋へ
      おまけ 長崎のおいしい物