Sorry this homepage is Japanese only.

鉄道写真館 for JR

 このホームページでは、私が東京近郊区間で撮ったJRの通勤電車の写真を主に公開しておます。近郊電車や特急電車などの写真も公開しており、MOVIE(動画)や私鉄の写真も少しながら公開しています。自作の鉄道アイコンやTK車両や背景も公開しております。
 当サイトでは、皆様に少しでも綺麗な写真を見て頂きたいと言う理由で、画像は『低圧縮』で保存している為、ファイルサイズが多少大きめとなっております。予めご了承頂くと共に、ご理解宜しくお願い致します。ヘ(^o^)/

1 更新内容・お知らせ,等
Content of update・Information,etc.

最終更新日:2006年 1月 4日
今後の更新 & サイト構成に関して

・管理人の諸事情により更新を休止いたしております。
 一年半近く更新休止状態が続きまして、相互リンクしていただいている管理人の方や更新を楽しみにされている皆様には、無礼な行為が続いておりまして誠に申し訳ない気持ちでいっぱいで御座います。

 休止中に何度となく更新復帰を試みましたが、御承知の通りサイト再立ち上げには至っておらず現在はリンク集の更新以外更新を行っておりません。
 サイト閉鎖も何度か考えましたが、ネットが利用できる方ならば誰でも見ることが可能であるこのネット上に公開された物を私の個人的な理由で公開中止とする行為を自ら認められない心境にあります。「ネット上に公開された物」はどのような物であっても、「ネットを利用する皆様の貴重な財産」であると私は思っております。
 更新休止してからも相互リンクサイトからのアクセスのみならず各検索サイトなどからのアクセスが絶えず、このサイトを置いているTOK2の総合アクセス数10位以内をキープしております(月によってはランクから外れる場合があります)。このような現状が続いている以上、サイト閉鎖を行うことはできないと私は考えております。
 私の考え方や行為について色々な御意見があると思われますが、御理解いただければ幸いで御座います。

当サイトをご覧になる前に、
ご利用上の注意(2004年4月4日更新)
を必ずお読み下さい。
文字のサイズ『 中 』で、最適に見られるようにページを作成しております。

2 写真館(メインコンテンツ)
Photograph pavilion ( The main contents )

全写真公開枚数:2,335枚 全MOVIE公開本数:28本(公開場所一覧表

3 サブメインコンテンツ,マーク説明,注意事項,等
The submain contents,Mark explanation,Notes,etc.


当サイトで使用しているマーク説明
写真:写真を公開中,動画:動画を公開中
:今回更新、又は新たに公開した物,:今回、UpDateして公開した物
:更新、又は新たに公開して1ヶ月以内の物,:UpDateして公開して1ヶ月以内の物

当サイトはInternetExplorer5.01、画面サイズ800×600以上の環境を推奨します。

 このホームページは、管理人の趣味で公開しています。JR東日本やその他の企業とは、一切関係ありません。また、企業等に直接問い合わせるような事を決してしないで下さい。
 当サイトの情報等を使用した事によって損害が生じた場合でも、管理人は一切責任は負いません。予めご了承下さい。ご理解頂けない方は、当サイトを御覧にならないで下さい。
当サイトはリンクフリーですが、出来るだけメールでお知らせ下さい。
リンクを貼る際は、必ずトップページ( http://www37.tok2.com/home/cityhunter8107/ )でお願い致します。
リンクバナーは、リンク集にありますので、自由にお使い下さい。

4 鉄道関係の総合リンク集
Integrated links related to railway


この 鉄道網 Railway WebRing Japan リングは T.Nakanoによって運営されています。
[ 前の5サイトを表示 | 二つ前へもどる | 前へもどる]
[ 次へ | 次の次へ | 次の5サイトを表示 | ランダムで移動 | リストを表示 ]
参加ウェブ一覧ランダム移動
前のウェブへ次のウェブへ

INTERNET総合鉄道部
[登録サイト一覧] [ランダム]
[次の登録サイト] [前の登録サイト] [RING参加登録]
RailWay Move LoopLine
[ 登録 ] [ 適当 ] [ 戻る | 進む ] [ list ]

検索サイト等からお越しの方で下にメニューバーが表示されていない方は、こちらより再読込をして下さい。
Copyright



NEW!!!このFCは最強のビジネスモデル